2008年09月16日

『精霊の守り人』シリーズ 上橋菜穂子著

NHKでアニメも放送している
上橋菜穂子氏のファンタジーシリーズ。

このアニメでL'Arc-en-Cielの曲が使われているから
ずっと読んでみたかった。(単純)

今文庫本で出ているのは
主人公チャグムとバサラが
最初に出会って旅をする
『精霊の守り人』、『闇の守り人』
『夢の守り人』、『虚空の旅人』の4作品。

精霊.jpg 闇.jpg 夢.jpg 虚空.jpg

日本のファンタジーを馬鹿にしてはいけない。
これは漫画・アニメ好きだったり
ドラクエのようなゲームが好きだったりすると
非常にはまりやすいかもしれない。

悪は悪、正義は正義と描かれてはいるけど
でもやはり悪の中にある「良」の部分も
描かれていて複雑な人間という生き物を描いている。

天文学、呪術などリアルな人間世界でも
話が通じる事を沢山含みながらも
ファンタジーの旨みがしっかり入っている。

トールキンの『指輪物語』とも似ている
アジア版とでもいおうか。。。

毎回このシリーズを読んで涙するのは
人が他人の為に命をかけている姿だ。

今、親が子を、子が親を殺したりするニュースが飛び交う。
そんな世の中でも、こういう他の人のために
自分の身を傷つける覚悟がある人達はいると思う。
それを改めて認識させてくれる作品だ。

このシリーズは10作品ほどあるらしい。
早く続きが読みたいシリーズである。
posted by nisse at 22:24| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初です♪
共感できるブログ^□^
僕もくだらないブログかいてますが・・・
またみにきまぁす(^^)
Posted by 銀狼 at 2008年09月17日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。