2008年09月17日

『死神の精度』 伊坂幸之助著

有名な伊坂幸之助の『死神の精度』。
この本は金城武主演で映画にもなった。

「千葉」と称した死神が
人物に死を与えるかどうか
調査するのだが。。。

この本の好きなところは
各短編で出てくる人達が
クロスオーバーしているところだ。

伊坂氏のお得意とする処方だそう。

やはり物語を読むという行為は
自分以外の人生を疑似体験することのような気がする。

だから必然的に各キャラクターに
ちょっとした愛着を感じでしまう。
そしてちょっと忘れた頃に
再び現れると切なくなるのだ。

だから彼の作品をもっと読みたい。
そう思ってしまうのかもしれない。

兄に『ラッシュライフ』を薦められたとき
なんとなく読む気がしなかったけど
実際読むと面白かった。
その後『オーデュボンの祈り』や
『重力ピエロ』と読んだが
やはりどこかがクロスしている。

つい自分の人生とつなげてしまい
死神の千葉にもあきれられそうだが
人生は「Link」しているんだと
感じないわけにはいかない。

だから私は出逢った人達で少しでも惹かれる人達には
自分からLinkを強くするよう努力する。

本を読むという行為も
自分を発見させるものなんだな。。。
ここまで書いていてそんな結論にたどり着いた。

死神.jpg
posted by nisse at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106719058

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。