2006年01月16日

【My favorite】 音楽編 #3

久々にかなり気に入った。
いま脂ノリノリのムックのアルバム『鵬翼』。

ムックは所属事務所Danger Crue Recordsの年末イベント
『天嘉』第1回目で初めて音を聴いて、
ものすごく衝撃を受けた覚えがある。

久々の大ヒット。

ライブがめちゃくちゃかっこよく、
目的のバンドよりも鮮明にステージが頭に残った。
それ以来、『天嘉』ではムックのステージを
体験できるのが実はとっても楽しみだった。

去年の第4回目『天嘉』でのステージも最高に格好よかった。
メロディーがとても覚えやすい。
それと心に突き刺さる音と歌声。

ラストに歌った『優しい記憶』は
涙が出そうなくらい痛くて切なくて心が揺れる曲だった。
どうしても、もう一度聞きたくて購入したのが
このアルバム『鵬翼』。

ずっしりとくるけど、
以前より聞きやすい優しいメロディーなんだけど
やっぱりなんか胸をえぐる感じ。
痛いけど決して嫌な痛さじゃない。
何かを断ち切って前進しよう、という
前向きな気持ちすら出てきてしまう。

多分L’Arc〜en〜Cielの初武道館のライブで感じた時と同じくらい興奮している。
こんな気分は本当に久しぶり。
久しぶりすぎてどうしよう、と一人うろたえたりして(笑)。

それと何度も聴いていて感じたのは、
私の大好きなドラマーSAKURA(S.O.A.P)を
何故か思い出させるドラムということ。

音楽的な事は全く知識がないしわからないけど
とにかく私の好きなSAKURAの太鼓を思い出してしまうドラムスなのだ。

相方曰く「SAKURAさんに「おかず」を教えてもらっていたからじゃない?」とのこと。
そうなのだろうか。そういうものなのだろうか。

とにかく今回のアルバムは全体的に聴きやすい。
けど決して彼らの世界を捨ててしまっていない。
それがまた彼らの曲を輝かせている気がする。
かなりお薦めの一枚。
とにかく一度耳にしてほしい一枚。


ムック.jpg
posted by nisse at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11781213

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。