2006年03月03日

『決闘!高田馬場』@PARCO劇場

待ちに待った三谷幸喜作・演出
市川染五郎出演の『決闘!高田馬場』。

初日だけあって、観客も豪華(笑)。
鈴木杏ちゃん、優香、松たか子のお姉さんやママ(笑)。
なんだか沢山の和服の方々もいて
舞台だけでなく観客も歌舞伎に近かった。
思わず着物をまじまじ見ちゃいました。

それはさておき、舞台。

ただただ笑って、驚いて、拳に力が入って…
感情移入しまくりの時間でした。

何故、ここまで興奮するくらい楽しかったのか。

****************************************

【理由その1:ストーリー】

お話好きな私はやはりわかりやすく
感情移入しやすい作品は大好き。

主人公中山安兵衛(のちの堀部安兵衛武庸)が
義理の叔父・甥の契りを結んだ菅野六郎左衛門の
高田馬場での果し合いの助っ人に行くまでの話。

何故か彼が酒びたりになってしまった安兵衛。
そんな彼に親切にする同じ長屋の人達。
彼らの安兵衛に対する想い、優しさ、
そして安兵衛の為に、恩を返すために
みずからの命を絶つ事にためらいを持たない姿勢。

そんな人間模様を見せられて、心打たれぬ人がいましょうか。

【理由その2:市川染五郎】

舞台の上、やはり特に歌舞伎らしい動きになると
市川染五郎の輝きが増し、何故だか体が震えてしまう。
一瞬、彼に神々しささえ感じてしまう。

そんな染の声がまたSEXY。

ちょっとかすれた声が劇場に響く度に
胸きゅんな女子高校生気分になってしまう。

やはり彼は舞台に栄える人だと思う。

近所の兄ちゃんっぽいけど、急に龍のごとく勇ましくなり
かと思えば輝かしい限りの美しさをかもし出す。
市川染五郎は本当に歌舞伎という古来のものと
現代が上手く調和した舞台役者だ。

【理由その3:女形】

歌舞伎は1回しか見たことがない。
しかも義経&弁慶コンビの平泉での話。
女性なんぞ出てこない。

だから今回、男性が演じる女性を初めて拝見した。

・・・なんとも言えぬ色っぽさ。艶やかさ。

男性が考える女性らしさってこんなのかしら。
だとしたら私には一生無理かもしれない。

体をくねらせたり、口を尖らせたりと
(一応)女性の私から見ても可愛らしい。
見習いたいものだ。

【理由その4:衣装】

今回、染と市川亀治朗が二役やっていたが
これがまた瞬間で入れ替わる!
本当に素晴らしい。

はたしてこれは歌舞伎の世界のものなのか?!

またしても染達にやられてしまった。
このままじゃわからないから歌舞伎に行かなくちゃ。
しかも5月は石川五右衛門。観なくては。

【理由その5:高田馬場】

単純です。高田馬場。いつも使っている駅名。
身近なわりにはそんな歴史を知らずにいた私。

なんか高田馬場って聞いて、チケットを買わずにいられなかった。
そんなことでいいのだろうか・・・

****************************************

まだまだ語れる高田馬場だけれども
これから観る人達の目に触れぬよう伏せておきませう。

またまた素晴らしい作品に出会えてよかった。

中山安兵衛のことにしろ、高田馬場の事にしろ
まだまだ世の中には知らないことだらけ。
仕事も大切だけれども、こういった仕事と異なる事柄を
もっともっと知りたいと思う。

昔読んだけど、ソクラテスが
「ただひとつ知っていることと言えば
私が何もしらないということだ」と言ったとか。
今ならそれをもっと理解できる気がする。

こうしてひとつ一つ何かを知るたびに
何かを得ている、というのを感じる。
これって生きていく上で、私にはとても不可欠な事柄だし
きっとだから私は毎日楽しく過ごせているのかも。

そんなことまでも思ってしまった一日だった。

後半のどこかで当日券買ってもう一度観たいものだ。

■『決闘!高田馬場』 公式HP■
http://www.parco-play.com/web/play/kabuki/
posted by nisse at 00:46| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | Plays / Stages | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうは決闘したかったの♪
だから高田馬場に女性みたいな仕事するつもりだった?
そしてUtacoと拝見する?
だけれども高田馬場へUtacoと歌舞伎に話するつもりだった。
しかもきのうUtacoで、女子みたいな決闘された。
また平泉に興奮したいなぁ。
Posted by BlogPetのmoco at 2006年03月05日 15:12
近かった高田馬場など素晴らしい
mocoは、平泉で優し豪華とかを決闘しなかった。


Posted by BlogPetのmoco at 2006年03月12日 17:06
mocoは、Utacoは果し合いも理解された!
Posted by BlogPetのmoco at 2006年03月19日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14063956

この記事へのトラックバック

「パルコ歌舞伎 決闘!高田馬場」 初日 当日券(キャンセル待ち)で観劇
Excerpt: どうしても観たくなってしまって、もし観られたらラッキー!って考えて、10時からの電話の当日券にチャレンジしました。8分ぐらいに繋がって、整理番号は1桁後半〜10番台前半でした。こ
Weblog: 時と空間の温もり
Tracked: 2006-03-03 03:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。