2006年06月19日

『沖縄の神と食の文化』 赤嶺政信著

最近すっかり沖縄づいています。

久高島の本に続き読んだのは
『沖縄の神と食の文化』です。

う〜ん。これはタイトルと内容が
あまり合っていない気がする。

久高島の濃い内容の本を読んでしまった後だったからか
とても軽く沖縄の歴史を語った本という印象。
先にこちらを読んで沖縄の全体像を
頭の中に入れるのでもよかったのかな。

何はともあれためにはなったけど
本を読んだ後の充実感はいまひとつ。
でも読んで損はないでしょう。うん。

沖縄.jpg
posted by nisse at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 沖縄の歴史沖縄の歴史(おきなわのれきし)。沖縄とは、琉球に対する日本本土側の呼称。琉球処分後、日本の領土であることを明確化するため、琉球から沖縄に呼称が改められ、今日では一般化している東恩納寛惇『南島..
Weblog: 美ら沖縄
Tracked: 2007-09-29 07:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。