2007年01月02日

『孤独か、それに等しいもの』大崎善生著

再び、大崎ブルーです。

大崎善生氏の『孤独か、それに等しいもの』。

これは短編集なのですが
全てに共通するであろうもの。
それは「生」と「死」や「喪失」と「再生」。
これは大崎氏の物語によくみるテーマだと思う。

ちょっと前に読んだので微妙に忘れているんだけれども
なにはともあれ心をつかむのはこのタイトル。

『孤独か、それに等しいもの』

この一文が全てを物語っている話ばかりが詰まっています。

大崎ブルーを感じながらも
やはり何故か心が温まるというか
読んだ後の心のなかに灯る蝋燭の火くらいの
ちょっとした安心と暖かさが体全体を包みます。

人はそれぞれ孤独と背中合わせで生きている。
それは人を強くもするし、弱くもする。
でも何かをきかっけに一歩前進すると
目の前に何か違う風景が広がっているのです。

そんなイメージが頭をよぎる大崎氏の短編集。

もし隣に悩んで立ち止まっている人がいたら
そっと渡してあげたい、そんな素敵な本でした。

kodoku.jpg
posted by nisse at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30718071

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。