2007年02月15日

バレンタイン

バレンタインということで
このところ沢山のチョコなどが
街を埋め尽くしている。
本日が最終日。…のはず。

有楽町にある阪急にて目に入ったのは
なんともシックで可愛らしいcote courという
ブラウニー専門店のパッケージ。

阪急限定(多分)のレアチョコレートを試食。
口に入れたとたん、ふわっとするのを感じる。
まるでマシュマロのよう。
そしてあま〜いチョコがふんわりとゆっくり
口の中でとろけていく…

甘いのが苦手な私も「美味しい!」と思わず言ってしまった。

4つほど、お買い上げ。

味ももちろんだけれども、やはりなんといってもパッケージ。
可愛すぎる。ヤバイくらいに可愛い。
イメージ的には和風調のポール&ジョー。

パッケージって中身と同じくらい大切だと改めて思う。
たとえ安くてもパッケージの紙が素晴らしかったり
ラッピングが芸術的なものだったりすると
それだけでスペシャル度がアップする。

この間の日経デザインでもパッケージの特集をしていた。
…ものすごくうなずける。

撮影で使わせていただいた中目黒のHIGASHIYA。
あのお店もラッピング自体はシンプルだけれども
デザインがかっこいい。素晴らしいセンスを感じる。

やはりお金を出して手に入れるものは
出来る限り人間の五感をくすぐるものであって欲しい。

■ cote cour HP
http://www.cotecour.jp/

■ HIGASHIYA HP
http://www.higashiya.com/
posted by nisse at 00:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33698153

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。