2007年05月14日

movies

久しぶりにブログを更新。何から書こう。

とりあえずここ数ヶ月の間に観た映画かね。
順不同です。思い出した作品から。
あらすじを書くと長くなるので、それは割愛。

■ミッドナイト ミュージアム

 ちょうどハワイに行っている間に観たいと思っていた映画。
 映画を観て、久しぶりにマジウケしてしまった。
 なんかアメリカらしいユーモラスな映画。

 ちょっとした歴史の勉強をした気分になるうえに
 すっごく笑えたにんまりな作品かな。

 ところどころでかかる音楽が懐かしいものばかり。

■幸せの力

 最後はハッピーエンドになるとわかっていたから
 観ていて思ったより泣けなかったのが残念。

 でもやっぱりウィルスミスのふとした姿が
 たまに胸にぐっと喰い込んで切なかった。
 ウィル、好きだなぁ。

 ウィルの子供も可愛かったwww

 本当にあった話なんだよね。
 その本人が映画にワンシーンだけ出ていたらしい。
 多分最後の最後かな。

■LIMIT OF LOVE 海猿

 TVで映画「海猿」をやった翌週にTVでOA。
 最初の「海猿」を途中までしかみられなかったから
 悩んだけど、観ちゃいました。

 周りからは「LIMIT〜」の方が不評だったんだけど
 私は一人、内緒で泣いちゃいました。
 こう見えても熱い人間なので
 熱い人間に涙するんですよ。

 伊藤英明、そんなに好きじゃなかったのに
 今回のでちょこっと好きになりました。

■この胸いっぱいの愛を

 漫画を先に読んでからTVで観た。

 漫画と異なって、映画のほうが悲しい最後だった。
 個人的には漫画のストーリーのほうが好き。

 非現実的な話なんだから
 出来ればハッピーエンドのほうが良かったな。

 柴咲コウの歌声がちょっと涙を誘った。

■ダヴィンチ・コード

 はっきり言って、私はトム・ハンクスが苦手です。
 だからこの映画を観たくなかったんだけど観ちゃった。

 意外や意外。面白かった。

 何が面白いかって、やっぱり取り扱った題材だよね。

 恥ずかしながら、本はまだ読んでいない。
 だからこそ映画を楽しめたのかもしれない。
 自分のイマジネーションに勝るものはないのだから。

■プロデューサーズ

 「シカゴ」と同じような素晴らしいミュージカル映画かと思ったら
 案外めっちゃ下品で、私としてはあまり好きではないです。

 音楽もちょっと魅力に欠けたかも・・・

 でもユマ・サーマンは綺麗だった。それだけが救いだったかも。

 ちなみに父は最期のエンディングテロップで流れている歌も
 すごくよい(歌詞)だったよ、と言っていた。
 私はそこまで見ていなかったからなぁ。ちょっと反省。


とりあえず、このくらいだけ観たのかな。

今度見たいのは嵐出演「黄色い涙」とか
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「ハンニバル・ライジング」などかな。
あ。あと「舞妓 Haaaan!!!」も観たい!
posted by nisse at 23:15| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | Movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Utacoは映画すきだね♪
Posted by BlogPetのmoco at 2007年05月15日 11:11
きょうは、反省しなかったー。
Posted by BlogPetのmoco at 2007年05月22日 11:43
きょうmocoがユマへウケを話したいなぁ。
でもUtacoの姿が話したかも。
だからこそUtacoは更新した?
Posted by BlogPetのmoco at 2007年05月29日 15:28
きのう、ユマまで割愛したかったみたい。
Posted by BlogPetのmoco at 2007年06月05日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

孤独の賭け
Excerpt: 〜愛しき人よ〜 ドラマ主題歌 アンジェラ・アキ「孤独のカケラ」
Weblog: 孤独の賭け
Tracked: 2007-05-15 01:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。